図様(読み)ずよう

精選版 日本国語大辞典「図様」の解説

ず‐よう ヅヤウ【図様】

〘名〙 図で表わした様子。また、図の体裁。図柄や模様。
※東宝記(1352)一「講堂〈略〉当堂図様」
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉苦言「この浮彫の図様は大帝凱旋の行列なれば」 〔北史‐宇忻伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「図様」の解説

ず‐よう〔ヅヤウ〕【図様】

図の様式。また、図柄。
[類語]模様文様もんようもんあや文目あやめ地紋じもんがら紋柄もんがら図柄絵柄図案意匠パターンデザインプリント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「図様」の解説

【図様】ずよう

えがた。

字通「図」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の図様の言及

【仏教図像】より

… 一方,今日用いる〈図像〉は狭義のそれであって,多種の仏・菩薩などの各尊を,その相好,印相,持物,姿勢などの特徴によって識別するために図示された〈絵〉のことを指す場合が多い。仏教美術がインドのガンダーラから西域を経て,中国,日本へと東漸するに当たっては,絵画,彫刻などの仏教美術そのものの伝来はもちろんであるが,特徴的な図様のみを写し取った図像を媒介とした伝播も見逃せない。著名な一例として,今日薬師寺に伝わる仏足石がある。…

※「図様」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android