国土強靱化基本法(読み)こくどきょうじんかきほんほう

日本大百科全書(ニッポニカ)「国土強靱化基本法」の解説

国土強靱化基本法
こくどきょうじんかきほんほう

東日本大震災の教訓を踏まえ、大規模災害・事故から国民の生命や財産を守る国づくりを進めるための基本法。2013年(平成25)に議員立法で成立し施行された。正式名称は「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靱化基本法」(平成25年法律第95号)。首都直下や南海トラフなどの大規模地震、津波噴火、台風、局地的豪雨のほか、トンネル崩落など老朽インフラ事故を想定。防災・減災の考え方に基づき、社会資本の整備、迅速な避難・人命救助の体制確保、帰宅困難者対策、鉄道・高速道路の代替ルートの確保、防災教育の充実、国の中枢機能のバックアップなどに取り組むとしている。

 内閣総理大臣をトップに全閣僚で構成する国土強靱化推進本部を設け、おおむね5年ごとに指針となる「国土強靱化基本計画」を策定する。基本計画では老朽化した道路・橋・トンネル・堤防などを計画的に点検し、防災対策の課題や弱点を洗い出す「脆弱(ぜいじゃく)性評価」を実施し、優先順位をつけて強靱化政策を進める。基本計画に基づき、国土交通省、経済産業省などの中央省庁や地方自治体は防災対策をつくる。第一次国土強靱化基本計画(2014)では、既存社会資本の活用、ハードとソフト対策の組合せ、官民が協力して公共施設を運営するPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)などによる民間資金の活用などを示した。全域停電が起きた北海道胆振(いぶり)東部地震や西日本豪雨の反省から、第二次基本計画(2018)には、発電施設の分散化、地域間の電力融通機能の強化、治水対策の強化、災害発生時の的確・迅速な情報伝達手法の確立などを盛り込んだ。国土交通省は国土強靱化基本法に基づき、2014年から毎年、その年に取り組むべき施策をまとめた年次計画(アクションプラン)を策定している。

[矢野 武 2021年5月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android