コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家地方警察 コッカチホウケイサツ

デジタル大辞泉の解説

こっか‐ちほうけいさつ〔コクカチハウケイサツ〕【国家地方警察】

人口5000人未満の町村において国が維持した警察。昭和22年(1947)に旧警察法によって設置され、同29年の警察法改正により廃止。国警。→自治体警察

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こっかちほうけいさつ【国家地方警察】

旧警察法(1947公布)の下で,自治体警察の管轄区域以外を受け持った警察。国家公安委員会が管理し,事務局として国家地方警察本部がおかれ,国家地方警察隊の定員は3万人を超えないものとされた。全国が6警察管区に分けられ,さらに都道府県公安委員会が管理する都道府県国家地方警察が地方組織としておかれた。国家地方警察と自治体警察には相互に協力する義務があった。1954年の警察法全面改正により廃止された。警察【神長 勲】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国家地方警察の言及

【警察】より

…つまり,従来警察機構の任務とされていた諸事務のうち若干のものは労働省,建設省,厚生省,消防庁のほか,地方公共団体の長の権限とされ,警察機構の所掌事務は大幅に縮小された。 警察機構自体についても,1947年に公布された旧警察法は,従来の中央集権的国家警察体制を根本的に改革し,国家地方警察(略称,国警)と,市および人口5000人以上の市街的町村に設置する自治体警察(略称,自警)の二本建てとし,その管理も民間人からなる公安委員会にゆだね,警察運営の民主化を図った。 しかし,自治体警察の多くの面における非効率や,国の治安維持責任の不明確さを改める等の理由によって,戦後改革の一環として生まれた旧警察法にかわって現行警察法が54年に制定されたのである。…

※「国家地方警察」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国家地方警察の関連キーワード弘前大学教授夫人殺害事件徳島ラジオ商殺し事件公安委員会(警察)警察制度改革問題警察予備隊溝淵 増巳斎藤 昇島田事件菅生事件警察官斎藤昇小倉謙村井順

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android