国掌(読み)コクショウ

世界大百科事典 第2版の解説

こくしょう【国掌】

9世紀後半から諸国に置かれた国衙の下級職員。定員2名。初見は《日本三代実録》貞観10年(868)10月28日条であるが,同書に翌11年末から12年にかけて出羽など9ヵ国で国掌新設記事がみえ,この時期に集中的に設置されたと思われる。国掌の職務を明示する史料はないが,《類聚符宣抄》所収の国掌補任官符の記事から,太政官の官掌と同じく政事や訴訟の鋪設,申政や訴訟のさいの礼儀作法やことばづかいの指導がおもな職務であったと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android