コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国掌 コクショウ

デジタル大辞泉の解説

こく‐しょう〔‐シヤウ〕【国掌】

平安時代、国司の下で、記録・雑務を担当した下級役人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こくしょう【国掌】

9世紀後半から諸国に置かれた国衙の下級職員。定員2名。初見は《日本三代実録》貞観10年(868)10月28日条であるが,同書に翌11年末から12年にかけて出羽など9ヵ国で国掌新設記事がみえ,この時期に集中的に設置されたと思われる。国掌の職務を明示する史料はないが,《類聚符宣抄》所収の国掌補任官符の記事から,太政官の官掌と同じく政事や訴訟の鋪設,申政や訴訟のさいの礼儀作法やことばづかいの指導がおもな職務であったと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

国掌の関連キーワード荒川詮頼平安時代在庁官人

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android