コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民教育 コクミンキョウイク

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐きょういく〔‐ケウイク〕【国民教育】

国家が、その維持・発展のために、国民に対して必要な資質・能力の育成を目ざして行う教育。近代国家成立に伴って生まれた概念
国民としての立場から、その自覚を高めるための教育

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国民教育の言及

【国民】より

…とくに外圧に対抗する必要などから,急速に近代国家への移行を図らなければならないときには,何らかの方策によって上から国民を形成することも試みられた。その最も典型的な方策は国民教育である。また国史,国歌,国旗,英雄,神話などの国民的シンボルを操作することによって,国民的自覚を高めることもしばしば試みられる。…

※「国民教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国民教育の関連キーワードスミトロ・ジョヨハディクスモイエジ ポミャノフスキフルシチョフの教育改革ディーステルウェークA. マサンバ・デバクロード アレーグルフランソワ・バイル氏フランソワ バイルポールロワイヤルチャルトルイスキG. ボッターイジャック ラングダーレム美術館R. ダムロンクループスカヤラ・シャロテーウシンスキー山内 佐太郎国民教育運動コウォンタイ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民教育の関連情報