コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民生活白書 こくみんせいかつはくしょWhite Paper on National Life

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民生活白書
こくみんせいかつはくしょ
White Paper on National Life

内閣府が国民の生活環境の向上を課題としてまとめる年次報告書。1年間の国民生活全体の足どりを分析したもので,1956年に初めて作成された。消費者物価指数,各種の給与雇用統計などを中心に国民生活の階層別・地域別の所得,消費内容の移り変わりなどを明らかにするのがねらい。年ごとに課題を絞り,国民生活全般についての問題を浮き彫りにする方法をとっていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こくみんせいかつ‐はくしょ〔コクミンセイクワツ‐〕【国民生活白書】

内閣府昭和31年度(1956)から平成20年度(2008)にかけて毎年作成した報告書(公表は昭和38年度から)。消費者行動、生活の満足度、地域交流、出生率と子育て、高齢者の生活など、国民の生活に関するさまざまなテーマを取り上げてまとめたもの。
[補説]平成21年(2009)の消費者庁発足に伴い、同白書を作成した内閣府国民生活局が廃止され、以降発行されていない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こくみんせいかつはくしょ【国民生活白書】

内閣府が毎年発表する国民生活全般についての年次報告書。消費者物価指数・家計調査・給与統計・雇用統計など、生活の諸側面から国民生活の実態を解明する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国民生活白書の関連キーワード都道府県別豊かさ総合指標ワーク・ライフ・バランスシングルマザーフェアトレード必需的支出消費者教育フリーター経済企画庁家計調査補説家計実態

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民生活白書の関連情報