コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用統計/雇傭統計 コヨウトウケイ

2件 の用語解説(雇用統計/雇傭統計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こよう‐とうけい【雇用統計/雇×傭統計】

一国内のある時点における、労働者数や失業率についての統計。
[補説]経済界では特に、毎月発表されるアメリカ雇用統計が重視される。このうち非農業部門就業者数と失業率が最も注目され、同国の景気の実態を示し、政策の先行きを予想する材料となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雇用統計
こようとうけい

労働統計の一つ。就業者数や失業率など雇用情勢に関する統計である。日本の雇用統計としては、総務省統計局による労働力調査就業構造基本調査厚生労働省による雇用動向調査派遣労働者実態調査、パートタイム労働者総合実態調査などがある。
 アメリカの労働省が毎月第一金曜日に発表するアメリカ雇用統計(CES:Current Employment Statistics)は、景気動向を占ううえでの重要指標の一つとされている。CESの調査方法は、全米の約16万の企業や政府機関などに対して行われるおよそ40万件のサンプル調査の結果に統計学的な処理を加えるもので、失業率、非農業部門就業者数、建設業就業者数、製造業就業者数、小売業就業者数、金融機関就業者数、週労働時間、時間当り平均賃金など多岐にわたる項目の数値が発表される。とくに非農業部門就業者数と失業率の2項目が重視されている。失業率が上昇し、かつ非農業部門就業者数が減少した場合には景気減速局面に入ったとみなされることが多く、株価の下落とともに個人消費の減退が予測される。 [編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雇用統計/雇傭統計の関連キーワード季節的失業国際貸借有病率利息現計有期労働者ガウスの平均値定理積分に関する第一平均値の法則《イギリスにおける労働者階級の衛生状態》《イギリスにおける労働者階級の状態》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone