コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国焼 くにやき

3件 の用語解説(国焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国焼
くにやき

瀬戸窯 (→瀬戸焼 ) 以外で焼かれた日本製茶陶の総称。江戸時代に茶人の間では瀬戸を本窯としたため,これに対し他の窯をすべてこう呼んだが,京焼だけは別格として国焼中に加えないこともあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くにやき【国焼】

字義は国産の焼物のことだが,現代の用語法では中国・朝鮮の陶磁に対する日本の焼物を指す場合と,とくに茶入において瀬戸焼以外の諸地方の茶入窯を指す場合とがある。本来は茶入に使われた言葉であった。茶入は茶具のなかでも,最も格の高い器物であり,格付けも厳重であった。瀬戸窯の茶入が古瀬戸窯,真中古窯,金華山窯,破風(はふ)窯,後(あと)窯などに分類されたのに対して,薩摩,唐津,高取,備前,丹波,信楽(しがらき),京,膳所(ぜぜ),志戸呂焼などが国焼茶入窯の代表的な窯とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の国焼の言及

【東山文化】より

…茶では村田珠光が登場し,書院茶の湯の略体化を進め,枯淡の美を説いたのが注目される。とくに《心の文》のなかで〈和漢のさかいを紛らかすこと肝要〉と述べ,これまでの唐物一辺倒に対して,備前物,信楽物などの国物(国焼)のもつ素朴な美しさに関心を寄せている。これには〈ひえやせる〉〈ひえかれる〉といった枯淡の美を唱えた連歌師心敬の歌論の影響が大きいが,こうした傾向は文芸,芸能の各分野にわたっており,この時期はいわば文芸理念の形成期であった。…

※「国焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国焼の関連情報