コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立学校設置法 こくりつがっこうせっちほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立学校設置法
こくりつがっこうせっちほう

昭和 24年法律 150号。国立大学および学部,大学院を置く国立大学,大学院大学,国立短期大学,国立大学付置の研究所・研究施設などについて,その名称,位置,目的などに関して規定した法律。 2004年国立大学法人設立に伴い廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくりつがっこう‐せっちほう〔コクリツガクカウセツチハフ〕【国立学校設置法】

国が設置し、文部科学大臣が管理する学校の設置・管理について定めた法律。昭和24年(1949)施行、平成15年(2003)廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

国立学校設置法の関連キーワード国立大学法人等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案北陸先端科学技術大学院大学総合研究大学院大学大学共同利用機関大学入試センター豊橋技術科学大学共同利用研究所学位授与機構東京大学筑波大学雑節学位

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android