コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立学校設置法 こくりつがっこうせっちほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立学校設置法
こくりつがっこうせっちほう

昭和 24年法律 150号。国立大学および学部,大学院を置く国立大学,大学院大学,国立短期大学,国立大学付置の研究所・研究施設などについて,その名称,位置,目的などに関して規定した法律。 2004年国立大学法人設立に伴い廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こくりつがっこう‐せっちほう〔コクリツガクカウセツチハフ〕【国立学校設置法】

国が設置し、文部科学大臣が管理する学校の設置・管理について定めた法律。昭和24年(1949)施行、平成15年(2003)廃止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

国立学校設置法の関連キーワード赤穂浪士一覧倍速核実験ノリウッド映画入湯税詩篇デメトリオス1世消費者余剰南海トラフ脳の本ブーム

国立学校設置法の関連情報