コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国色 コクショク

デジタル大辞泉の解説

こく‐しょく【国色】

その国で一番の容色。絶世の美女。
「お春は固(もと)より天然の―なるが」〈鉄腸花間鶯
牡丹(ぼたん)別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくしょく【国色】

その国第一の容色。絶世の美女。 「親子、-、東京のもの/書記官 眉山
牡丹ぼたんの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

国色 (コクショク)

植物。ボタン科の落葉低木,園芸植物,薬用植物。ボタンの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

国色の関連キーワードチャイナタウン中国音楽桜田治助林和良書記官国旗牡丹文芸眉山異名絶世容色美女幇間

国色の関連情報