コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国郡里制 コクグンリセイ

大辞林 第三版の解説

こくぐんりせい【国郡里制】

律令制下の地方行政制度。七世紀後半に成立し、715年まで行われた。全国を国・郡・里の三段階に編成し、それぞれ国司・郡司・里長を置いた。里は五〇戸を一里としたが、715年に郷と改められ、郷里制ごうりせいに移行した。里制。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国郡里制
こくぐんりせい

8世紀初頭大宝律令(たいほうりつりょう)によって定められた地方行政区画の体系。律令国家は、唐の州県郷里制を継受し、国、郡、里の3段階の行政区画を編成した。唐制では、州司、県司ともに中央派遣官であったのに対し、日本では国司のみが中央派遣官であり、郡司には旧国造(くにのみやつこ)層をはじめとする在地首長が任命され、国と郡では性格の異なる行政区画となった。また、唐の郷里制では、並行して自然村落としての村制が存在したのに対し、50戸=1里の純然たる行政区分のみとした。こうした特質によって、唐制では戸籍、田簿の作製を、里正→県司→州司と段階的に行っていったのに対し、国郡里制では、その作製権は国司に集中されていた。[大町 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国郡里制の関連キーワード里(り)摂津国郷里制唐制大町

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android