コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国阿 コクア

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国阿 こくあ

1314-1405 南北朝-室町時代の僧。
正和(しょうわ)3年2月17日生まれ。生地播磨(はりま)(兵庫県)の円教寺で天台をまなぶ。のち託何(たくが)の弟子となって時宗に転じ,各地を遊行。永徳3=弘和(こうわ)3年京都にはいり,東山の正法(しょうぼう)寺,双林寺で布教にあたった。霊山(りょうぜん)派,国阿派の祖。応永12年9月11日死去。92歳。俗名は石塔(いしどう)国明。法名は随心。通称は国阿上人。別号に真空。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくあ【国阿】

1314~1405) 時宗の僧。国阿派・霊山派の祖。播磨国の人。号は真空。名は随心。京都の双林寺に住した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

国阿 (こくあ)

生年月日:1314年2月17日
室町時代の僧
1405年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

国阿の関連キーワード正法寺(京都市)アフガニスタン荒木又右衛門美土里[町]アルジェリア木花開耶姫実吉 安純西崎弘太郎阿漕の平次拾遺往生伝園田 太邑手塚 猛昌滝口 吉良杉 贋阿弥太田辰五郎北里柴三郎道場法師阿蘇神社談山神社服部持法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android