コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際捜査共助法 こくさいそうさきょうじょほう

1件 の用語解説(国際捜査共助法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

国際捜査共助法【こくさいそうさきょうじょほう】

1980年に公布・施行された日本の国際捜査共助に関する基本法。ロッキード事件などを直接的契機として制定された。外国や国際刑事警察機構ICPO)からの共助や協力の要請に対応するための手続を規定。
→関連項目外国人犯罪国際警察

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の国際捜査共助法の言及

【国際共助】より

…証拠調べと書類の送達については,民事手続の場合と同様に〈外国裁判所ノ嘱託ニ因ル共助法〉による。 捜査共助については,〈国際捜査共助法〉(1980公布)がある。その内容は,外国の要請による〈共助〉と,国際刑事警察機構(ICPO)に対する〈協力〉である。…

※「国際捜査共助法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国際捜査共助法の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA自動車工業ウォン恐怖映画朝鮮映画ローマ・クラブ妻倉和子

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone