コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土御門家 つちみかどけ

3件 の用語解説(土御門家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土御門家
つちみかどけ

公家。孝元天皇の後胤といわれる左大臣阿倍倉梯麿の 10代目晴明 (921~1005) を始祖とするといわれる。代々天文,暦道,陰陽道で朝廷に仕え,国家の変事などを占って家名をあげた。明治になって子爵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土御門家【つちみかどけ】

天文・暦数・陰陽(おんみょう)道を司る公家(くげ)。姓は安倍。平安中期の陰陽頭であった安倍晴明の子孫で,室町時代の有宣(ありのぶ)の時から土御門家を称したらしく,家職の陰陽道は1870年の廃止まで続いた。
→関連項目陰陽師

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土御門家
つちみかどけ

平安時代以来、天文、陰陽(おんみょう)両道で朝廷に仕えた家系。左大臣阿倍倉梯麻呂(くらはしまろ)の子孫安倍晴明(あべのせいめい)が大膳大夫(だいぜんのだいぶ)、天文博士(はかせ)となって以来、子孫代々その業を伝え、天変地異あるごとに朝廷、幕府に警告した。戦国時代に勘解由小路在富(かげゆこうじありとみ)が死んで暦術家が絶えたとき、詔により土御門有修(ありなが)が天文・暦術博士を兼ね、以後同家は両博士を兼ねることになった。子孫は相次いで明治に至り、華族に列し子爵を授けられた。[多賀宗隼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土御門家の関連キーワード陰陽寮陰陽博士天文方本命星本命日陰陽師☆安倍晴明 王都妖奇譚陰陽師 玉手匣陰陽師II陰陽大戦記風の陰陽師

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土御門家の関連情報