コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土御門家 つちみかどけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土御門家
つちみかどけ

公家。孝元天皇後胤といわれる左大臣阿倍倉梯麿の 10代目晴明 (921~1005) を始祖とするといわれる。代々天文,暦道,陰陽道で朝廷に仕え,国家の変事などを占って家名をあげた。明治になって子爵

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

土御門家【つちみかどけ】

天文・暦数・陰陽(おんみょう)道を司る公家(くげ)。姓は安倍。平安中期の陰陽頭であった安倍晴明の子孫で,室町時代の有宣(ありのぶ)の時から土御門家を称したらしく,家職の陰陽道は1870年の廃止まで続いた。
→関連項目陰陽師

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土御門家
つちみかどけ

平安時代以来、天文、陰陽(おんみょう)両道で朝廷に仕えた家系。左大臣阿倍倉梯麻呂(くらはしまろ)の子孫安倍晴明(あべのせいめい)が大膳大夫(だいぜんのだいぶ)、天文博士(はかせ)となって以来、子孫代々その業を伝え、天変地異あるごとに朝廷、幕府に警告した。戦国時代に勘解由小路在富(かげゆこうじありとみ)が死んで暦術家が絶えたとき、詔により土御門有修(ありなが)が天文・暦術博士を兼ね、以後同家は両博士を兼ねることになった。子孫は相次いで明治に至り、華族に列し子爵を授けられた。[多賀宗隼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

土御門家の関連キーワード福井県大飯郡おおい町名田庄納田終勘解由小路在富名田庄〈村〉土御門神道土御門泰重土御門有脩後鳥羽天皇幸徳井友親金光大神戸板保佑小出兼政武田真元西村遠里小出光教阿部有清田中久重渋川春海安部晴明安部神道福田理軒

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土御門家の関連情報