綿埃(読み)ワタボコリ

デジタル大辞泉 「綿埃」の意味・読み・例文・類語

わた‐ぼこり【綿×埃】

細かい綿くずのほこり。また、たまって綿のようになったほこり。
[類語]ほこりごみ微塵砂埃土埃砂煙土煙煤埃塵芥ちりあくた塵芥じんかい藻屑がらくたスクラップ生ごみ紙屑おが屑食べ滓茶殻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「綿埃」の意味・読み・例文・類語

わた‐ぼこり【綿埃】

  1. 〘 名詞 〙 もめん綿を扱うときに生ずる細かい繊維くずのほこり。
    1. [初出の実例]「膝の上の綿埃りを払ってから」(出典:石川五右衛門の生立(1920)〈上司小剣〉七)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android