コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滓/糟/粕 カス

3件 の用語解説(滓/糟/粕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かす【×滓/×糟/×粕】

[名]
液体をこしたあとに残ったり、液体を入れた容器の底に沈殿したりしたもの。おり。
よい所、必要な部分を取り去ったあとの残り。「食べ―」
役に立たないつまらないもの。最も下等なもの。くず。「人間の―」
(糟・粕)酒のもろみを醸(かも)し、酒汁をこしたあとに残るもの。酒かす。
[接頭]
名詞に付いて、取るに足りない、粗末な、の意を表す。「―烏帽子」
人を表す語に付いて、ののしる気持ちを表す。「―侍」「―野郎」

し【滓】[漢字項目]

[音]シ(呉)(漢) サイ(慣) [訓]かす
かす。おり。「鉱滓(こうさい・こうし)渣滓(さし)残滓(ざんし・ざんさい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かす【滓】

[1] ( 名 )
液体の底にたまる沈殿物。液体をこしたあとに残る不純物。
必要な部分を取ったあとに残るもの。くず。
ねうちのないもの。ひどくつまらないもの。 「バーゲン-セールで-をつかまされた」 「人間の-」
花合わせで、一点ふだ。かすふだ。
( 接頭 )
〔近世語〕 人を表す語に付いて、あなどりの気持ちやののしりの気持ちを表す。 「 -客」 「 -奴やつこ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の滓/糟/粕の言及

【スラグ】より

…溶融金属製錬における原料中の不純物成分と,目的金属等からのその不純物成分の分離を助けるために加えたフラックス(媒溶剤成分)とからなる液相の総称。のろ,滓(さい)とも呼ばれる。また非鉄製錬の場合は鍰(からみ),とくに粗金属等を製造する過程で発生するものは鉱滓(こうさい)という。…

※「滓/糟/粕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

滓/糟/粕の関連キーワード後口アトニー屑物食べ滓余映余滴切株取残し麦跡燃殻

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone