コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クズ

デジタル大辞泉の解説

くず〔くづ〕【×屑】

物のかけらや切れ端などで役に立たないもの。「糸」「裁ち
いい部分を取ったあとの残りかす。「米」「売れ残りの
役に立たない人のたとえ。「人間の
塵(ごみ)用法

せつ【屑】[漢字項目]

人名用漢字] [音]セツ(漢) [訓]くず
〈セツ〉細かい破片。くず。「玉屑砕屑
〈くず〉「屑糸屑籠(くずかご)紙屑木屑星屑
[名のり]きよ
[難読]大鋸屑(おがくず)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くず【屑】

無用な物として切りはなされたり、ちぎれたり、こわれたりして、役に立たなくなったもの。 「パンの-」 「かんな-」
役立つものやよいものが選び抜かれたあとに残った、つまらないもの。かす。 「売れ残りの-」
役に立たない人。つまらない人。 「人間の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

屑の関連キーワードヴォルカノクラスティック岩ハイアロヴルカナイトドライ・アバランシュアスロジェネアス岩フリント状圧砕岩イントルクラストメカノジェネシス鉄鋼スクラップ外因砕屑的砂岩クラストミクトラテリタイト火山性砂質岩トピックパス凝灰岩質砂岩累積円頂丘火成砕屑岩スクラップ火山角礫岩コノドーム火山灰組織

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屑の関連情報