土砂加持(読み)どしゃかじ

  • どしゃかじ ‥カヂ
  • どしゃかじ〔カヂ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。密教で行なう修法の一つ。清水で洗いきよめた白砂を本尊の前に置いて、光明真言を誦して護摩(ごま)をたいて加持するもの。この白砂を死体や墓の上にまけば、罪障が消滅して死体が柔軟になり、極楽往生できるという。加持土砂。どさかじ。
※栂尾明恵上人伝記(1232‐50頃)上「或時上人、光明真言土砂加持をせんとて、土砂を取り寄せて加持し給ふに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android