コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土質試験 どしつしけんsoil test

2件 の用語解説(土質試験の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どしつしけん【土質試験 soil test】

土木技術においては,土は構造物の地盤となるのみならず,ダムや道路などをつくる場合は材料そのものとして用いられる。このため土の性質を知ることは構造物の設計,施工にとって非常に重要であり,土の各種の性質を求めるために現場で採取した試料について実験室内で行う試験を総称して土質試験と呼んでいる。現在行われている試験をおおよそ分類すると,簡易判別試験,物理的試験,化学的試験,強度試験,圧密試験透水試験締固め試験などとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土質試験
どしつしけん
soil test

地盤や土に関係した構造物の設計や施工をするときに必要な土の物理的、化学的および力学的性質を求める試験。試料土には、自然のまま地中から乱さないように採取した試料と乱した試料とが用いられるが、一般に原位置の地盤や土の圧縮性や強さなどを調べる力学試験には前者が使用され、このため高度な試料採取技術が発達している。なお地盤中に直接計測器を入れて土の強度測定をしたり、ボーリングサウンディングsounding(探査)などで土質の状態を調べるのは土質調査という。これに対して室内土質試験の項目には、物理試験として比重、含水量、単位体積重量、粒度分布、液性限界、塑性限界、遠心含水当量、収縮常数などを求める試験がある。化学試験には水素イオン濃度(pH)、強熱減量、有機物含有量、塩分含有量、粘土鉱物の種類などの測定試験が含まれる。また力学試験としては締固め試験、CBR試験(California bearing ratio testの訳語。支持力比試験、路床土支持力比試験ともいう)、透水試験、圧密試験、各種の剪断(せんだん)試験などがある。[赤井浩一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土質試験の関連情報