コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地下派 ジゲハ

デジタル大辞泉の解説

じげ‐は〔ヂゲ‐〕【地下派】

近世和歌の一派。松永貞徳を祖とし、二条派の歌学を唱えたが、貴族的な和歌を庶民の間に広めた。→堂上派

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じげは【地下派】

江戸時代の和歌の一派。二条派の歌風を受け継ぎ、松永貞徳を祖とし、北村季吟・有賀長伯らがおり、庶民の間にまで広まった。 ↔ 堂上派とうじようは

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地下派
じげは

和歌の流派。堂上(とうしょう)派に対する名称。広くは、室町時代の宗祇(そうぎ)らの道統や、近世後期の江戸派、桂園(けいえん)派などを含めることができるが、普通には、近世初期の、細川幽斎から堂上、武家に広く古今伝授(こきんでんじゅ)して、道統を伝えた堂上派に対して、地下(じげ)の松永貞徳(ていとく)に伝わった道統をさしていう。その貞徳の門から、北村季吟(きぎん)、加藤盤斎(ばんさい)、和田以悦(いえつ)、望月長好(もちづきちょうこう)、宮川松堅(しょうけん)、元政上人(げんせいしょうにん)らが出て、古典の注釈書や家集を残した。その歌学や歌風は、堂上派と同じく二条派の流れをくむが、そのなかから、やがて元禄(げんろく)期(1688~1704)の和歌革新を生む素地がつくられる。[島津忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

地下派の関連キーワード北村季吟道統

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android