コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地元意識 じもといしき

2件 の用語解説(地元意識の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じもといしき【地元意識】

自分の出生地,居住地あるいは勢力範囲である地域に対してもつ意識。郷土意識が異郷,おもに都市にあって芽ばえるのに対し,地元意識は中央を意識することから生まれるものといえよう。国家の中央集権化にともなって,国家中央とか有力な大手企業に対して,地元とか地元企業という形で意識化される受身の概念である。そのため中央には直結するが,他の地域には優先意識が強く,排他的になる。この場合,ある特定の地域が自分には特別のかかわりあいをもつとみなされるため,同じ地域内の人びととの連帯感,帰属感は全人格的・一元的帰属となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地元意識
じもといしき

特定の地域社会の住民がその地域社会に特定の帰属意識をもっているとき、それを地元意識とよんでいる。閉鎖的な「わが村」「わが町」の意識はこれに相当するものである。地元意識は、その地域社会が自然的環境や歴史的伝統と一体化した共同体(とくに村落共同体)になっている所では、郷土意識、愛郷心と重なって鮮烈になりやすい。都市においても、その土地に長く居住するか代々居住する自営業などの旧中間層が多い所では、やはり郷土意識、愛郷心と重なって「われわれ意識」が強い地元意識が温存されることがある。地元意識の特徴は、それが特定の地域社会にのみかかわる特殊性をもっていることにある。したがって、地元意識はともすれば対抗意識やよそ者意識を駆り立てやすい性格をもっている。しかし、これと対極的な位置にある市民意識が形成されてきている点からいえば、地元意識はかなり薄れてきており、少なくとも変質してきている。[高橋勇悦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地元意識の関連キーワード磁気圏出生地主義寒郷居住地地元出生地勢力圏勢力範囲席巻トレード・マガジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地元意識の関連情報