コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地子銭 じしせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地子銭
じしせん

本来物納であるべき地子が代銭納化した場合に地子銭と呼んだが,特に都市の市街地に表間口の長さを基準として町人に賦課する地租を称した。大名は城下町や郷町の繁栄をはかって,しばしば地子銭の免除や軽減を試みた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じし‐せん〔ヂシ‐〕【地子銭】

地子2

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

地子銭【じしせん】

地子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じしせん【地子銭】

地子として納めた金銭。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地子銭
じしせん

中世以後、地代として納入した銭。「ちしせん」ともいう。地子とは、古代には公田の余りを貸し付けられたときに支払う租税であったが、のちには荘園(しょうえん)などの小作料を意味した。さらに、一般の雑税の意味に変化し、室町時代になって宅地などの地子(屋地子)が銭納となり、この語が生まれた。戦国時代には、大名により商工業者の城下町への集住が奨励され、地子免許の特典が与えられるようになった。江戸時代にも、三都(江戸、京都、大坂)などに地子免除が行われたが、これは、農地に比較すれば屋敷地の面積が小さいため、この特典を付与し、商工業者には国役(くにやく)などの課役を命じたのである。[吉原健一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

地子銭の関連キーワード岡村源兵衛豊臣秀吉地代銀金銭半済

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android