立脚地(読み)りっきゃくち

精選版 日本国語大辞典「立脚地」の解説

りっきゃく‐ち【立脚地】

〘名〙 よりどころとする地点。根拠とする立場立脚点
※我邦現今の文芸界に於ける批評家の本務(1897)〈高山樗牛〉「国民的立脚地に拠りて、衆愚の紛々たるを打破し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立脚地」の解説

りっきゃく‐ち【立脚地】

よりどころとする地点。考えたり行動したりするときの立場。立脚点。「体験を立脚地とした指導」
[類語]要項要目要綱論点勘所脈所重点主眼眼目軸足立脚点力点主力重き重視要点要所ポイント要領大要キーポイント急所つぼ拠点正鵠頂門の一針本拠根拠地足場根城基地陣地陣営戦陣本陣本営本丸牙城地盤足掛かりベース

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android