コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂手島 さかてじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂手島
さかてじま

三重県東部,鳥羽市の沖合い約 500m,鳥羽湾内にある島。鳥羽市に属する。アワビ,サザエ,イセエビ,タイなどの好漁場で,ワカメの産地としても知られる。民宿も多い。鳥羽港から定期船がある。伊勢志摩国立公園に属する。面積 0.51km2。人口 698 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂手島
さかてじま

三重県中東部、鳥羽(とば)港内に浮かぶ小島。面積0.51平方キロメートル。鳥羽市に属し、市街東方約1キロメートルにある。旧坂手村であったが1942年(昭和17)鳥羽町(1954年市制施行)に編入。北斜面は森林であるが、南斜面は緩やかで耕地化され、坂手の集落と漁港があり、市営の定期船が鳥羽港から通う。ワカメ養殖が盛んであるが、本土への通勤者も多い。島の南西部に市の水産研究所がある。中央部のあやめ池は湿地帯でカキツバタの群生で知られる。人口522(2009)。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

坂手島の関連キーワード三重県鳥羽市坂手町鳥羽[市]嶋谷 自然鳥羽(市)志摩国