コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂西由蔵 さかにし よしぞう

3件 の用語解説(坂西由蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂西由蔵 さかにし-よしぞう

1877-1942 明治-昭和時代前期の経済学者。
明治10年12月4日生まれ。東京高商(現一橋大)を卒業,同校専攻部で福田徳三の指導をうける。明治39年神戸高商教授。欧米に留学し,おもにブレンターノにまなぶ。帰国後,経済史,経済原論を講義。大正14年失明のため教授をやめたが,講義はつづけた。昭和17年5月27日死去。66歳。兵庫県出身。著作に「経済生活の歴史的考察」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂西由蔵

没年:昭和17.5.27(1942)
生年:明治10.12.4(1877)
明治大正昭和期の経済学者。兵庫県城崎町に生まれる。京都商業,東京の市立商工中学および東京高等商業学校(一橋大学)を経て,明治37(1904)年同専攻部を卒業。同年神戸高等商業学校(神戸大学)講師となり,39年教授に昇任。経済学博士。企業論および経済史に関する著書・論文が多く,福田徳三門下の白眉と称され,ドイツ留学中はブレンターノに師事し,経済原論と経済史の講義を担当した。不幸にして大正10(1921)年右眼を病み,13年には左眼も失明,翌14年には退職したが,その後も講師として昭和12(1937)年ごろまで教壇に立ちゼミ学生の指導も行い,その名講義は多くの学生に深い感銘を与えた。

(新野幸次郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さかにしよしぞう【坂西由蔵】

1877‐1942(明治10‐昭和17)
経済学者,経済史家。兵庫県城崎に生まれる。東京高商(現,一橋大)卒後,同校専攻部に進み福田徳三の指導を受ける。1904年卒業,神戸高商講師となり06年教授。07‐10年ドイツ,イギリスアメリカに留学,おもにブレンターノに師事。留学前には商業学を,帰国後は商業史(のち経済史),経済通論を講じ,研究指導にあたる。25年眼疾から失明して教授職を退き,引き続き同校(のち神戸商大)講師として残った。主著《経済生活の歴史的考察》(1925)は,基本的には歴史学派経済学の系統に立って経済生活発達の過程と経済自由の精神や古代ローマ,中世ドイツの大土地制度を論じた21編の論考を集めたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坂西由蔵の関連キーワード広島花渓楼河合武雄山本信次郎加藤武男北村美那正田淑子那須弓雄早山与三郎富士田吉治(3代)渡辺俊雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone