坪井 正五郎(読み)ツボイ ショウゴロウ

20世紀日本人名事典の解説

坪井 正五郎
ツボイ ショウゴロウ

明治・大正期の人類学者,考古学者 東京帝大教授;東京人類学会会長。



生年
文久3年1月5日(1863年)

没年
大正2(1913)年5月26日

出生地
江戸・両国矢之倉(東京都中央区)

学歴〔年〕
帝大理科大学(現・東京大学理学部)動物学科〔明治19年〕卒,帝大大学院〔明治22年〕修了

学位〔年〕
理学博士

経歴
父は蘭方医の坪井信良。東大在学中の明治17年、東京の本郷弥生町で有坂紹蔵、白井光太郎らと弥生式土器を発見し、19年東京人類学会を設立。英国留学後、25年帝国大学理科大学(現・東京大学理学部)人類学教室の初代教授となる。29年東京人類学会会長。この間、足利古墳、埼玉吉見百穴、東京西ケ原貝塚、芝公園丸山古墳などを発掘調査し、わが国の人類学、考古学の開拓者となった。また日本原住民をめぐる論争で“コロボックル説”を唱え、解剖学者・小金井良精のアイヌ説と対立した。一方、研究室に出入りしていた林若樹らと“集古会”を作り、官学アカデミズムとは別の流れに位置する在野の趣味人・学者である清水晴風、山中共古らとも交流を持った。他にも三越の日比翁助が設立した流行研究会や、玩具好きの集まり・大供会の有力メンバーでもあった。大正2年欧米の学事視察に派遣され、ロシアのペテルブルクでの第5回万国学士院連合大会に日本代表として出席中に客死した。著書に「坪井正五郎集」(「日本考古学選集」2〜3)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

坪井 正五郎 (つぼい しょうごろう)

生年月日:1863年1月5日
明治時代;大正時代の人類学者。コロボックル説を提唱
1913年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坪井 正五郎の関連情報