コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀之内貝塚 ほりのうちかいづか

5件 の用語解説(堀之内貝塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀之内貝塚
ほりのうちかいづか

千葉県市川市北国分町にある縄文時代後・晩期の貝塚。台地上に馬蹄形をして存在する。土器,石器のほか人骨を出土する。堀之内式土器の標準遺跡

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

堀之内貝塚【ほりのうちかいづか】

千葉県市川市にある縄文時代後期・晩期の貝塚(史跡)。東西225m,南北120mの馬蹄形貝塚で,縄文後期前半を代表する堀之内式土器の標式遺跡。明治年間から,坪井正五郎東京人類学会などによって調査が行われ,県下では初めての埋葬人骨も発掘されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほりのうちかいづか【堀之内貝塚】

関東地方の縄文時代後期前葉の土器型式である堀之内式の標準遺跡。東京湾東域の房総地方には鹹水(かんすい)産砂泥質のハマグリアサリ等からなる大馬蹄形貝塚が,軒を連ねるように営まれている。本貝塚もそのひとつで,市川市北国分町堀之内に所在する。東西に細長く張り出した台地の斜面を取り巻くように,廃棄された貝層が厚く堆積しており,長径220m,最大短径110mの規模をほこる。首都圏に近く,早くから研究者や好事家のかっこうの発掘目標とされてきたために,処女貝層はほとんどない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

ほりのうちかいづか【堀之内貝塚】


千葉県市川(いちかわ)市堀之内にある貝塚遺跡。縄文時代後期前葉・中葉の標式土器である堀之内式の標式遺跡として知られる。このあたりは縄文時代には海に突き出た半島だったと推測され、台地と斜面にハマグリやアサリ、イボキサゴ、オキシジミを中心とした貝、クロダイやスズキなどの魚骨、イノシシやシカの骨などが、東西225m、南北120mの馬蹄(ばてい)形の貝塚を形成している。とくに縄文時代後期前葉の貝層が厚く、貝塚層の下から竪穴(たてあな)式住居跡が発掘されている。また、土偶破片、貝製腕輪など非実用的で呪術的な出土品もあり、埋葬された人骨も発掘されている。1964年(昭和39)に国史跡に指定され、1967年(昭和42)、1972年(昭和47)に追加指定が行われた。市川考古博物館があり、古代の遺物が展示されている。北総鉄道北総線北国分駅から徒歩約8分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀之内貝塚
ほりのうちかいづか

千葉県市川市北国分町堀之内にある縄文時代後期の貝塚。国指定史跡。堀之内式土器の標式遺跡として、また規模の大きな貝塚として有名である。地理的に東京に近いこともあって、明治時代以来、多くの人々が小発掘を試みてきた。第二次世界大戦後は、乱掘が繰り返され、まともな貝層はほとんど失われてしまった。貝塚は、二つの谷に挟まれた細長い台地上にあり、約200メートル×100メートルの範囲に馬蹄(ばてい)形状をなして分布する。従来の発掘で貝層下より数例の竪穴(たてあな)住居址(し)が発見されている。北側斜面の包含層からは晩期の土器が出土する。貝塚のある台地の一隅には市立市川博物館があり、考古学関係の資料を展示している。[岡本 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone