コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥生町貝塚(読み)やよいちょうかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弥生町貝塚
やよいちょうかいづか

現在の東京都文京区弥生に存在した縄文時代と弥生時代の複合遺跡。 1884年有坂しょう蔵が,当時向ヶ岡貝塚と呼称されていた貝層から壺形土器を発見した。この土器は,従来から発見されている縄文土器と器形,文様,色調が異なることで注目された。 96年蒔田鎗次郎が,この地名をとり,この土器に「弥生式土器」と名称をつけた。これ以降,向ヶ岡貝塚も弥生町貝塚と呼ばれるにいたった。 (→弥生土器 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弥生町貝塚
やよいちょうかいづか

東京都文京区東京大学工学部構内にあった弥生時代の遺跡。1884年(明治17)3月、当時大学予備門生徒であった有坂(しょうぞう)が最初の弥生式土器(壺(つぼ)形土器)を発見した貝塚であり、89年に坪井正五郎(しょうごろう)が報告した学史上きわめて重要な遺跡である。所在地の地名が向ヶ岡(むこうがおか)弥生町であったため向ヶ岡貝塚ともよばれる。この貝塚の地名から弥生文化、弥生時代などの名称が生まれた。しかし、十分な記録が存在しないままに開発が進行し、土器の出土地点はおろか貝塚の位置まで確定できなくなり、「弥生町貝塚」は所在不明の幻の遺跡となった。1941~43年(昭和16~18)遺跡の推定地域(浅野侯爵の屋敷跡)は東京大学の敷地として買収された。これまで江坂輝彌(てるや)、杉原荘介(そうすけ)、斎藤忠(ただし)、太田博太郎(ひろたろう)らによって土器出土地点などが推定されたが、確定するまでには至らなかった。
 1974年(昭和49)春、文京区立根津(ねづ)小学校の松任・武田・長谷川らの児童が、東京大学浅野地区構内の倒れた木の根元付近から土器や貝殻を採集し、早稲田(わせだ)大学の久保哲三に鑑定を依頼したことによって遺跡の存在が明らかとなった。この地点は75年に、東京大学が実験棟を建設するに先だち発掘調査が実施され、2条の溝(V字溝と逆梯形(ぎゃくていけい)溝)と貝層と弥生町式の5個体の土器が検出された。この地点を調査した佐藤達夫が、1884年に調査された弥生町貝塚の一部である可能性を指摘したため、建設予定地は1976年に「弥生二丁目遺跡」という名称で国の指定史跡となった。[後藤喜八郎]
『東京大学文学部考古学研究室編『向ヶ岡貝塚――東京大学構内弥生二丁目遺跡の発掘調査報告』(1979・東京大学文学部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android