コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥生町貝塚 やよいちょうかいづか

2件 の用語解説(弥生町貝塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弥生町貝塚
やよいちょうかいづか

現在の東京都文京区弥生に存在した縄文時代弥生時代複合遺跡。 1884年有坂しょう蔵が,当時向ヶ岡貝塚と呼称されていた貝層から壺形土器を発見した。この土器は,従来から発見されている縄文土器と器形,文様,色調が異なることで注目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弥生町貝塚
やよいちょうかいづか

東京都文京区東京大学工学部構内にあった弥生時代の遺跡。1884年(明治17)3月、当時大学予備門生徒であった有坂(しょうぞう)が最初の弥生式土器(壺(つぼ)形土器)を発見した貝塚であり、89年に坪井正五郎(しょうごろう)が報告した学史上きわめて重要な遺跡である。所在地の地名が向ヶ岡(むこうがおか)弥生町であったため向ヶ岡貝塚ともよばれる。この貝塚の地名から弥生文化、弥生時代などの名称が生まれた。しかし、十分な記録が存在しないままに開発が進行し、土器の出土地点はおろか貝塚の位置まで確定できなくなり、「弥生町貝塚」は所在不明の幻の遺跡となった。1941~43年(昭和16~18)遺跡の推定地域(浅野侯爵の屋敷跡)は東京大学の敷地として買収された。これまで江坂輝彌(てるや)、杉原荘介(そうすけ)、斎藤忠(ただし)、太田博太郎(ひろたろう)らによって土器出土地点などが推定されたが、確定するまでには至らなかった。
 1974年(昭和49)春、文京区立根津(ねづ)小学校の松任・武田・長谷川らの児童が、東京大学浅野地区構内の倒れた木の根元付近から土器や貝殻を採集し、早稲田(わせだ)大学の久保哲三に鑑定を依頼したことによって遺跡の存在が明らかとなった。この地点は75年に、東京大学が実験棟を建設するに先だち発掘調査が実施され、2条の溝(V字溝と逆梯形(ぎゃくていけい)溝)と貝層と弥生町式の5個体の土器が検出された。この地点を調査した佐藤達夫が、1884年に調査された弥生町貝塚の一部である可能性を指摘したため、建設予定地は1976年に「弥生二丁目遺跡」という名称で国の指定史跡となった。[後藤喜八郎]
『東京大学文学部考古学研究室編『向ヶ岡貝塚――東京大学構内弥生二丁目遺跡の発掘調査報告』(1979・東京大学文学部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弥生町貝塚の関連キーワード東京都文京区大塚東京都文京区音羽東京都文京区春日東京都文京区小石川東京都文京区水道東京都文京区関口東京都文京区西片東京都文京区根津東京都文京区白山東京都文京区弥生

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone