埋もれる(読み)ウモレル

デジタル大辞泉「埋もれる」の解説

うも・れる【埋もれる】

[動ラ下一][文]うも・る[ラ下二]《平安時代以降「むもる」と表記されることが多い》
砂や土などに覆われて見えなくなる。埋没する。うずもれる。「雪に―・れた家」
才能・真価・業績などが、世の中に知られないでいる。うずもれる。「―・れている逸材」
控え目である。引っ込み思案である。
「いとかうあまり―・れたらむは、心づきなくわるびたり」〈・末摘花〉
晴れ晴れしないで、暗い感じである。陰気である。
「いと―・れたりやと、強ひてかき起こし給へば」〈・東屋〉
[類語]まるうずまるうずもれるめるうずめる埋め立てる塞ぐ埋め込むけるけ込む埋没埋設埋蔵敷設

うずも・れる〔うづもれる〕【埋もれる】

[動ラ下一][文]うづも・る[ラ下二]
覆われて外から見えなくなる。うずまっている。うもれる。「豪雪に―・れた村々」
物や人などで場所がいっぱいになる。「会場が聴衆で―・れる」
世の中に知られないでいる。うもれる。「―・れた人材」
[類語]まるうずまるもれるめるうずめる埋め立てる塞ぐ埋め込むけるけ込む埋没埋設埋蔵敷設

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android