コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塞ぐ ヒサグ

デジタル大辞泉の解説

ひさ・ぐ【塞ぐ】

[動ガ四]ふさぐ。閉じる。
「目を―・ぎて我が身をだも見ず」〈海道記

ふさ・ぐ【塞ぐ】

[動ガ五(四)]
あいている箇所に物を詰めたり、覆ったりする。すき間や穴をなくする。「ふすまの破れ目を―・ぐ」「決壊部分を―・ぐ」
耳・目・口などを手で押さえて覆う。また、目・口を閉じる。「耳を―・ぐ」「口を―・ぐ」
行く手に物を置くなどして通行や流れをさまたげる。はばむ。「倒れた木が道を―・ぐ」「椅子が―・いでいて通れない」
場所を占めて、他に余地を与えない。「大きな冷蔵庫が台所を―・いでいる」
与えられた役目などを果たす。「責めを―・ぐ」
(「鬱ぐ」とも書く)気分がすぐれず、ゆううつな気持ちになる。「―・いだ顔」
[可能]ふさげる
[動ガ下二]ふさげる」の文語形

ふた・ぐ【塞ぐ】

[動ガ四]
ふさぐ」に同じ。
「耳を―・ぎてぞありつる」〈・八七〉
韻塞(いんふた)ぎをする。
「―・ぎもて行くままに、難き韻の文字どもいと多くて」〈・賢木〉
[動ガ下二]
ふさげる」に同じ。
「寝殿は―・げ給はず、時々渡り給ふ御住み所にして」〈・松風〉
方塞(かたふた)がりになるようにする。
「方―・げて」〈帚木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひさぐ【塞ぐ】

( 動四 )
ふさぐ(塞) 」に同じ。 「(風呂ニ)目を-・ぎて入るは苦しかるまじき由/今物語」

ふたぐ【塞ぐ】

( 動四 )
ふさぐ 」に同じ。 「御衣して、耳を-・ぎ給ひつ/源氏 玉鬘
韻塞いんふたぎをする。 「 - ・ぎもてゆくままに/源氏 賢木
( 動下二 )
ふさぐ 」に同じ。 「寝殿は-・げ給はず/源氏 松風
方塞かたふたがりになってしまうようになる。 「方-・げて、ひき違へほかざまへ/源氏 帚木

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

塞ぐの関連キーワード脇・腋・掖・傍・側脳脊髄液減少症ペレ式中心噴火外耳道閉鎖症コイル塞栓術くも膜下出血塞ぐ・鬱ぐ村国男依護良親王御厨子某金田城跡塞げる行く手ふすま(麩)翼状片我が身破れ目塞がるパティ源氏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塞ぐの関連情報