コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塞ぐ ヒサグ

5件 の用語解説(塞ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひさ・ぐ【塞ぐ】

[動ガ四]ふさぐ。閉じる。
「目を―・ぎて我が身をだも見ず」〈海道記

ふさ・ぐ【塞ぐ】

[動ガ五(四)]
あいている箇所に物を詰めたり、覆ったりする。すき間や穴をなくする。「ふすまの破れ目を―・ぐ」「決壊部分を―・ぐ」
耳・目・口などを手で押さえて覆う。また、目・口を閉じる。「耳を―・ぐ」「口を―・ぐ」
行く手に物を置くなどして通行や流れをさまたげる。はばむ。「倒れた木が道を―・ぐ」「椅子が―・いでいて通れない」
場所を占めて、他に余地を与えない。「大きな冷蔵庫が台所を―・いでいる」
与えられた役目などを果たす。「責めを―・ぐ」
(「鬱ぐ」とも書く)気分がすぐれず、ゆううつな気持ちになる。「―・いだ顔」
[可能]ふさげる
[動ガ下二]ふさげる」の文語形。

ふた・ぐ【塞ぐ】

[動ガ四]
ふさぐ」に同じ。
「耳を―・ぎてぞありつる」〈・八七〉
韻塞(いんふた)ぎをする。
「―・ぎもて行くままに、難き韻の文字どもいと多くて」〈・賢木〉
[動ガ下二]
ふさげる」に同じ。
「寝殿は―・げ給はず、時々渡り給ふ御住み所にして」〈・松風〉
方塞(かたふた)がりになるようにする。
「方―・げて」〈・帚木〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひさぐ【塞ぐ】

( 動四 )
ふさぐ(塞) 」に同じ。 「(風呂ニ)目を-・ぎて入るは苦しかるまじき由/今物語」

ふたぐ【塞ぐ】

( 動四 )
ふさぐ 」に同じ。 「御衣して、耳を-・ぎ給ひつ/源氏 玉鬘
韻塞いんふたぎをする。 「 - ・ぎもてゆくままに/源氏 賢木
( 動下二 )
ふさぐ 」に同じ。 「寝殿は-・げ給はず/源氏 松風
方塞かたふたがりになってしまうようになる。 「方-・げて、ひき違へほかざまへ/源氏 帚木

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塞ぐの関連キーワード病巣該当刮ぐ嫁ぐ薙ぐ矧ぐ跨ぐ捥ぐ相次ぐ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塞ぐの関連情報