コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋まる(読み)ウズマル

デジタル大辞泉の解説

うずま・る〔うづまる〕【埋まる】

[動ラ五(四)]
物に覆われて外から見えない状態になる。「火山灰に―・る」「本に―・る」
穴や、欠けていたものなどがふさがる。「空席が―・る」
ある場所が、物や人でいっぱいになる。「広場は聴衆で―・った」

うま・る【埋まる】

[動ラ五(四)]
くぼんだ所に物が詰まっていっぱいになる。うずまる。「流れ込む土砂で池が―・る」
あいている場所が人や物でいっぱいになる。「広い講堂が聴衆で―・る」
物に覆われてその下になり、見えなくなる。うずまる。うずもれる。「庭が花で―・る」「雪崩で―・る」
欠けたり不足したりしているところの補いがつく。補塡(ほてん)される。「赤字が―・る」「部長のポストはまだ―・らない」
(多く、打消しの語を伴う)割に合う。引き合う。→うずまる
「戯談(じょうだん)と聞かれちゃ―・らない」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うずまる【埋まる】

( 動五[四] )
〔動詞「うずむ」の未然形に助動詞「る」の付いたものから〕
ある物が、他の物におおわれて、見えなくなる。うずもれる。うまる。 「雪に-・る」
人や物で場所がいっぱいになる。 「参道が人で-・る」

うまる【埋まる】

( 動五[四] )
穴などくぼんだ所に物が詰まって平らになる。 「庭の穴が枯れ葉で-・る」
物におおわれて姿が見えなくなる。うずまる。 「家が雪に-・る」
場所に人や物がたくさんはいり、それ以上はいる余地がなくなる。 「部屋が本で-・る」
それまで空いていたところに何かがはいって補いがつく。 「空席が-・る」
損失が償われる。埋め合わせがつく。 「赤字が-・る」 「これからは些ちつと楽をしなくちや-・んねえ/南小泉村 青果

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埋まるの関連情報