コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋まる ウズマル

4件 の用語解説(埋まるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うずま・る〔うづまる〕【埋まる】

[動ラ五(四)]
物に覆われて外から見えない状態になる。「火山灰に―・る」「本に―・る」
穴や、欠けていたものなどがふさがる。「空席が―・る」
ある場所が、物や人でいっぱいになる。「広場は聴衆で―・った」

うま・る【埋まる】

[動ラ五(四)]
くぼんだ所に物が詰まっていっぱいになる。うずまる。「流れ込む土砂で池が―・る」
あいている場所が人や物でいっぱいになる。「広い講堂が聴衆で―・る」
物に覆われてその下になり、見えなくなる。うずまる。うずもれる。「庭が花で―・る」「雪崩で―・る」
欠けたり不足したりしているところの補いがつく。補填(ほてん)される。「赤字が―・る」「部長のポストはまだ―・らない」
(多く、打消しの語を伴う)割に合う。引き合う。→うずまる
「戯談(じょうだん)と聞かれちゃ―・らない」〈二葉亭浮雲

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うずまる【埋まる】

( 動五[四] )
〔動詞「うずむ」の未然形に助動詞「る」の付いたものから〕
ある物が、他の物におおわれて、見えなくなる。うずもれる。うまる。 「雪に-・る」
人や物で場所がいっぱいになる。 「参道が人で-・る」

うまる【埋まる】

( 動五[四] )
穴などくぼんだ所に物が詰まって平らになる。 「庭の穴が枯れ葉で-・る」
物におおわれて姿が見えなくなる。うずまる。 「家が雪に-・る」
場所に人や物がたくさんはいり、それ以上はいる余地がなくなる。 「部屋が本で-・る」
それまで空いていたところに何かがはいって補いがつく。 「空席が-・る」
損失が償われる。埋め合わせがつく。 「赤字が-・る」 「これからは些ちつと楽をしなくちや-・んねえ/南小泉村 青果

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

埋まるの関連キーワード落ち窪科に盈ちて後進む刺さる硯の海窄まる狭まる盆の窪凹き所に水溜まる凹まるたぐま・る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埋まるの関連情報