コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基肥(もとごえ) もとごえ

1件 の用語解説(基肥(もとごえ)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

基肥(もとごえ)

基肥は「きひ」ともいい、苗などを植え付ける前にあらかじめ土壌に施しておく肥料のこと。有機質の肥料は土中で腐敗発酵する恐れがあり、多量に使用すると根を傷めることもある。追肥とは、植物体の生育途上に施す肥料のこと。生育が進み植物体が大きくなると、肥料の吸収が増大し、根の周囲の肥料が減少するので、相応の肥料を施す必要がある。

(森和男 東アジア野生植物研究会主宰 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone