コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基肥(もとごえ) もとごえ

1件 の用語解説(基肥(もとごえ)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

基肥(もとごえ)

基肥は「きひ」ともいい、苗などを植え付ける前にあらかじめ土壌に施しておく肥料のこと。有機質の肥料は土中で腐敗発酵する恐れがあり、多量に使用すると根を傷めることもある。追肥とは、植物体の生育途上に施す肥料のこと。生育が進み植物体が大きくなると、肥料の吸収が増大し、根の周囲の肥料が減少するので、相応の肥料を施す必要がある。

(森和男 東アジア野生植物研究会主宰 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基肥(もとごえ)の関連キーワード植え付け角度作付け基肥備え付け植付け植付け半作植付ける植縄押え付ける豆を植えて稗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone