コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒肥 カンゴエ

5件 の用語解説(寒肥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐ごえ【寒肥】

寒中に、農作物や庭木に施す肥料。かんごやし。 冬》「―や花の少き枇杷(びは)の木に/素十

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寒肥【かんごえ】

冬季に施肥する肥料。果樹,クワなど永年生の樹木に12〜2月に施す。堆肥,油かす,骨粉など分解の遅いものがよい。寒肥の利点は,農閑期が利用でき,冬は樹木の根を多少痛めても害が少なく,春に樹木が養分を必要とする時まで土中に養分を残しておくことができるなどの諸点である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんごえ【寒肥】

冬に施す肥料のことで冬肥ともいう。落葉果樹類では1年間に与える養分の大部分を休眠期である冬に与えることが習慣的に行われている。冬季の低温期には根の養分吸収はほとんど行われていないが,この時期ならば根を傷めることが少なく,土の深部まで耕起し,通気性を良くしたり,施肥をすることができる。春季に新根が発生し植物全体が活動を始めるときに,根に容易に吸収しうる養分をいち早く供給できるようにするために行う。リンゴなどの試験によると,冬季にアンモニアや硝酸を供給した場合に,それらは根部に徐々に吸収貯蔵され,新春とともに茎葉部に移動し,新芽の急速な生長を助けるなどの効果が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんごえ【寒肥】

果樹・植木などに、春先の活動に備えて寒中に施す肥料。寒肥やし。冬肥。 [季] 冬。 《 -を彼の木此の木と心組み /星野立子 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒肥
かんごえ

寒中に施す肥料の俗称。作物の生育の旺盛(おうせい)な春に備えて成長が休止している冬期に予備的、補足的に施される肥料のことで、ムギ類や野菜類など越冬する一年生作物や柑橘(かんきつ)類、クワなどの永年作物が対象となる。一般には裏作やミカンなどが栽培される温暖な地方に慣行的にみられる施肥法であり、永年作物では主として遅効性の堆厩肥(たいきゅうひ)などの有機質肥料が施されるが、ムギや野菜類などの一年生作物では速効性の窒素肥料が施されることが多い。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒肥の関連キーワード塩基性肥料金肥基肥(もとごえ)秋肥種肥春肥肌肥蒔き肥植肥三大肥料

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寒肥の関連情報