コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塔望遠鏡 とうぼうえんきょう tower telescope

6件 の用語解説(塔望遠鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塔望遠鏡
とうぼうえんきょう
tower telescope

主として太陽光線の分光学的研究に使われる塔形の望遠鏡。その上部のシーロスタットにより,塔の内部を通って地下へ導いた太陽光線を分光器によってスペクトルに分解する装置で,結像系の焦点距離は 10~15m,1Åにつき 1mm以上に分散させ,スペクトルの微細な構造を研究することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とう‐ぼうえんきょう〔タフバウヱンキヤウ〕【塔望遠鏡】

望遠鏡を塔内に垂直に固定し、塔上のシーロスタットにより太陽光を鏡筒に導く型の望遠鏡。太陽スペクトルなどの研究に使われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塔望遠鏡【とうぼうえんきょう】

主として太陽スペクトルの研究に使われる塔形の望遠鏡。分光器の分散能を大きくするため焦点距離数十mもの光学系を使い,塔上のシーロスタットにより太陽を追跡しながら光線を地下の分光器室に導く。
→関連項目アインシュタイン塔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうぼうえんきょう【塔望遠鏡 tower telescope】

望遠鏡の鏡筒部分を塔内に固定し,塔上に置いた鏡を使って光を鏡筒部に送り込む型の望遠鏡。口径の大きい長焦点の望遠鏡の場合には鏡筒部に比して小さな鏡だけを動かせばよい。太陽観測では高分解能でスペクトルを観測するため,口径の大きな長焦点の望遠鏡が必要であったので,1907年ウィルソン山天文台に高さ60フィート(約18m)の太陽塔が建てられたのが始まりで,24年ポツダム天文台に建てられたアインシュタイン塔は建築学的にも有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうぼうえんきょう【塔望遠鏡】

塔を望遠鏡の鏡筒として使用した太陽観測装置。塔上のシーロスタットによって太陽光を塔内に垂直に導き、恒温の地下室でスペクトルに分解して観測を行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塔望遠鏡
とうぼうえんきょう

塔の中に長焦点の望遠鏡を垂直に置き、塔上に設置したシーロスタットによって天体からの光を望遠鏡に導くようにした天体観測設備。[日江井榮二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塔望遠鏡の関連キーワードケプラー式望遠鏡屈折望遠鏡NGSTニュートン式反射望遠鏡カセグレン望遠鏡地上望遠鏡限界等級光学赤外線望遠鏡光学望遠鏡宇宙望遠鏡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone