コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩廻船(塩回船) しおかいせん

世界大百科事典 第2版の解説

しおかいせん【塩廻船(塩回船)】

江戸時代から明治期にかけて,瀬戸内十州塩田の産塩を大坂・江戸あるいは北国などの消費地に運送した廻船。十州塩田で生産される塩は,産地の塩問屋を介して塩廻船に販売されるのが普通であった。塩廻船の船籍地としては大坂をはじめ阿波,淡路,紀伊,伊勢,尾張および北国諸国が多い。他国船に依存するだけでなく,生産地周辺の塩廻船も少なくなく,とくに塩問屋などは,自船を持って塩の輸送に携わった。播州赤穂坂越の奥藤家,備前児島の野崎家,安芸竹原の吉井家,阿波斎田の山西家などが代表としてあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の塩廻船(塩回船)の言及

【水運】より

…一方,大坂・瀬戸内海方面の千石船の弁財船は西国各地はもとより日本海側,太平洋側にも進出し幕府・諸藩の米や銅などの輸送に従事した。瀬戸内の十州塩は全国各地に配給されたが,塩廻船によるところが大きかった。すでに元和年間(1615‐24)に江戸に入津しているが,享保期(1716‐36)ごろになると江戸入津塩はほとんど生産地から塩廻船で直送されたという。…

※「塩廻船(塩回船)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android