(読み)アクタ

  • ×芥
  • かい
  • ごもく
  • ごもくた
  • 漢字項目
  • 芥 (カラシナ・カラシ)

デジタル大辞泉の解説

ごみ。くず。かす。転じて、つまらないもの。「(ちり)のごとく扱われた」
人名用漢字] [音]カイ(漢) ケ(呉) [訓]からし あくた
からし菜。香辛料のからし。「芥子(かいし)
小さなごみ。あくた。「塵芥(じんかい)土芥
[名のり]しな
[難読]芥子(からし)芥子(けし)
ごみ。あくた。
「人の住家に塵(ちり)、―の溜る程、世にうるさき物なし」〈浮・一代女・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 腐ったりなどして打ち捨てられているもの。ごみ。くず。廃物。また、比喩(ひゆ)的に、役に立たないもの・無益なものをいう。
※万葉(8C後)七・一二七七「天なる姫菅原の草な刈りそねみなのわたか黒き髪に飽田(あくた)し著くも」
※玉塵抄(1563)三〇「本のまことの人は、物をさうさうにあくたなことはいわぬぞ」
〘名〙 =ごもく(芥)
※俳諧・蛇之助五百韻(1677)「五木太(コモクタ)もさそふ水あるゐてとけて 熊手をかたけいなんとぞ思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芥の関連情報