コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境町 さかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

境〔町〕
さかい

茨城県南西部,常陸台地の西端にある町。利根川に面して千葉県との県境にあり,対岸の野田市関宿とともに対向集落をなす。 1889年町制。 1955年静,長田,猿島,森戸の4村と合体。江戸時代,梁田氏が関宿に築城して以来その領有地として発展。奥州と江戸を結ぶ利根川水運の河港としても繁栄。 1964年境大橋の完成により交通の要衝となった。 1975年茨城県の管轄となってからは猿島郡役所をはじめ諸官庁がおかれ,地方の政治,経済,文化の中心地となる。農業中心で,米,野菜などの産地。また猿島茶として知られる茶の栽培も行なわれる。国道 354号線が南部を横断。面積 46.59km2。人口 2万4517(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

境町の関連情報