コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺銭 つぼせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壺銭
つぼせん

鎌倉,室町時代に酒壺1個を単位として課した酒造税。酒壺銭ともいう。室町幕府は明徳4 (1393) 年以後京都とその周辺の酒屋から毎月恒例の課役として徴収した。奈良では興福寺が菩提山寺に壺銭を賦課している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つぼせん【壺銭】

中世において酒造業者に課せられた酒造役は,その醸造用壺数に応じていたため,酒壺銭または単に壺銭といわれていた。壺銭は月ごとに年間12回課せられる定期的なものと,臨時のものとがあった。定期的なものは,その醸造の実態に応じて本役と半役とがあり,半役は本役の半額に当たり,半公事ともいわれた。壺銭徴収に先立って酒造業者の営業状態を検知するために,醸造壺の実数調査をするのが普通であった。壺銭はもともと皇室財源であったが,1393年(明徳4)からは室町幕府の財源となり年間に6000貫文に達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone