変形性脊椎症(読み)へんけいせいせきついしょう(英語表記)spondylosis deformans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変形性脊椎症
へんけいせいせきついしょう
spondylosis deformans

椎体前縁の骨増殖,椎間板狭小化,椎体高の減少といった脊椎変形老化現象であるが,比較的若いときに起ったり,背痛,下肢の緊張,疲労感などを伴うものは,病的なものとしてとらえる。おもな症状は腰痛であるが,その痛みは腰全体がだるく感じたり重く感じたりする程度から,鈍く痛むものまでさまざまである。ときには手足放散痛やしびれ,脱力感,冷感が現れる。治療としては,激しい腰痛,坐骨神経痛のある場合は安静が第一で,急性期には消炎鎮痛剤の投与,局所麻酔剤やステロイド剤の局所注射も有効である。慢性腰痛には超短波やホットパックなどの温熱療法,コルセット装着,体操療法などが行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変形性脊椎症
へんけいせいせきついしょう
spondylosis deformans

脊柱(背骨)の支持性と可動性が老化のために著しく低下したもので、いわゆる老人特有の硬くなった脊柱をさす。脊椎と脊椎の間にある椎間板が変性して薄くなったり、骨棘(こっきょく)とよばれる椎体縁の骨増殖や椎間関節の変形性関節症がみられる。もっともおこりやすいのは腰椎で、ついで多いのが頭部を支えている頸椎(けいつい)である。それぞれ腰部変形性脊椎症、頸部変形性脊椎症とよばれる。

[永井 隆]

症状

椎間板の変形や骨棘の形成があっても痛みを伴うとは限らないが、腰背部痛の頻度が高くなるのは当然で、加齢的変化によって脊柱が硬化し、力学的ストレスで痛みをおこしやすく、立ち上がったりする動作の初めに疼痛(とうつう)がおこる。重い物を持ち上げることができなくなる。また、頸椎の椎間孔が狭窄(きょうさく)してその中を通る神経根が圧迫されると、手足のしびれや、頸部、肩、腕の痛みなど頸腕症候群の症状がみられる。

[永井 隆]

診断

X線写真によって骨棘形成や椎間板変性像がみられることから診断される。

[永井 隆]

治療

老化が原因となることから根本的に治すわけにはいかず、苦痛となる症状がなければ日常生活が不自由になることもないところから、一般に保存的療法が行われる。急性期には安静を守り、対症的に消炎鎮痛剤や筋弛緩(しかん)剤、ビタミンB12などの向神経性ビタミン剤などを投与する。慢性期にはコルセットの装用をはじめ、温熱療法、牽引(けんいん)療法、体操療法などが行われる。

[永井 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

六訂版 家庭医学大全科の解説

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android