コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外陰癌 がいいんがんcarcinoma vulvae

2件 の用語解説(外陰癌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がいいんがん【外陰癌 carcinoma vulvae】

女性の外陰,すなわち恥丘,大陰唇,小陰唇,陰核,腟前庭,外尿道口,腟入口部,会陰およびそれらの付属器官に発生する癌の総称。婦人科の癌の1~2%と比較的まれな疾患であるが,高年者に多い。大部分が扁平上皮癌で,ほかに腺癌,まれには悪性黒色腫などがある。はじめは小さい腫瘤や浅い潰瘍であるが,しだいに増大して大きな腫瘤となり,腟,尿道,直腸などにひろがり,また鼠径部(そけいぶ)のリンパ節さらに骨盤内のリンパ節にも転移する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外陰癌
がいいんがん

女性性器の外陰部に発生する癌で、女性性器癌のうちでは比較的まれなもの(3~5%)である。大部分は皮膚組織を発生母地とする扁平(へんぺい)上皮癌である。外陰部が肥厚して灰白色となる外陰白斑(はくはん)症や、皮膚が萎縮(いしゅく)して頑固なかゆみを訴える高齢者に多い外陰萎縮症が前駆症といわれる。大陰唇に多発し、初期には硬いしこりを認める程度であるが、進行すると潰瘍(かいよう)をつくり、やがてカリフラワー状に盛り上がる。かゆみ、灼熱(しゃくねつ)感、疼痛(とうつう)を訴える。治療は広範囲にわたる外陰部の摘出手術が一般的で、放射線療法も行われる。最近はブレオマイシンなど有効な抗癌剤も開発されているが、一般には予後良好とはまだいえない。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone