コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜光虫 ヤコウチュウ

デジタル大辞泉の解説

やこう‐ちゅう〔ヤクワウ‐〕【夜光虫】

渦鞭毛虫(うずべんもうちゅう)目ヤコウチュウ科の原生動物。暖海を浮遊し、体は球形で直径1~2ミリ、淡紅色。2本の鞭毛をもつ。波などの刺激で青白い光を発する。ひかりむし。 夏》「―闇をおそれて光りけり/万太郎
[補説]書名別項。→夜光虫

やこうちゅう【夜光虫】[書名]

馳星周の長編犯罪小説。台湾に渡ったプロ野球選手が八百長に手を染め、転落していく姿を描く。平成10年(1998)刊行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やこうちゅう【夜光虫】

原生動物渦鞭毛虫目の有色鞭毛虫の一種。単細胞で、太く長い一本の触手をもち、中央部が陥入して口となる。直径1~2ミリメートル。暖海にプランクトンとして生活する。刺激を受けると青白く発光する。夏に異常増殖して赤潮を引き起こし、魚介類に被害を与えることがある。 [季] 夏。 《 船は今対馬にそひぬ- /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

夜光虫 (ヤコウチュウ)

学名:Noctiluca miliaris
動物。ヤコウチュウ科の海産プランクトン

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

夜光虫の関連キーワード横溝 正史渦鞭毛虫類織田作之助発光生物森 瑤子生物発光秋元美穂八田純比喩虚子魚群赤潮

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜光虫の関連情報