コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜尿/遺尿/遺糞 やにょういにょういふん Enuresis Nocturna / Enuresis / Encopresis

1件 の用語解説(夜尿/遺尿/遺糞の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

やにょういにょういふん【夜尿/遺尿/遺糞 Enuresis Nocturna / Enuresis / Encopresis】

[どんな病気か]
 夜尿(やにょう)は排尿の自立の時期を過ぎても夜間睡眠中に排尿がみられるものです。遺尿(いにょう)は昼間目が覚めているときに尿がもれてしまうことをいいます。遺糞(いふん)は排便習慣が確立してから、おもに日中に不随意(ふずいい)に排便することです。
[原因]
 乳児期から引き続いて夜尿がみられる場合や、夜尿をともなう遺尿、あるいは遺糞は中枢神経系や膀胱(ぼうこう)尿道系、あるいは肛門(こうもん)直腸の異常による場合があります。
 また、精神発達遅滞児(せいしんはったつちたいじ)で排泄(はいせつ)の習慣が未確立な場合や、排尿排便訓練を十分にされない環境で養育された子どもである場合もあります。
 これらの要因がなく、とくに排泄の習慣がいったん確立された後に、4、5歳を過ぎてこれらの症状がみられる場合、なんらかの心理的な要因が考えられます。
 たとえば弟妹の誕生、家族の不和やトラブルがもたらす不安・緊張などや、トイレ恐怖でトイレに行けないといった場合もあります。
[治療]
 身体的な異常がある場合はその治療を優先します。心理的な要因の場合は、不安・緊張・恐怖を取り除くことが必要です。
 夜尿の場合、就寝前の水分制限や夜中に起こしてトイレへ行くなどがよく試みられますが、努力の割にはかえって緊張感を高めてしまったりもします。
 ほとんどの夜尿はいずれ治ってしまうものですが、小学校高学年になっても夜尿が続く場合、抗うつ薬自律神経薬などの薬物療法を行なうことがあります。遺糞の場合は、浣腸(かんちょう)、下剤による一定時刻の排便、心理療法(環境調整)、精神安定剤や抗うつ薬などの薬物療法を併用することもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

夜尿/遺尿/遺糞の関連キーワード遺尿症夜尿症支繞検尿何心地不死身プリマドンナ病は気から夜つ尿夜尿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone