コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢見小僧 ゆめみこぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夢見小僧 ゆめみこぞう

昔話の主人公。
初夢をみた子どもが「よい夢は人にかたるな」という戒めをまもったため家を追われるが,ついに2軒の長者の婿となり,両家に金の橋をかけて半月ずつかよった。鬼が島,竜宮などに流され,生き棒,聴き耳などの宝物をもらうなど,各種の類話が青森県から沖縄県まで分布している。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆめみこぞう【夢見小僧】

運命と致富を語る昔話。小僧が良い夢を見る。親や主人からその内容を聞かれるが,どうしても語らない。そのために迫害されるが,後に夢に見たとおりの幸福な結婚をする,という話。類型の話はヨーロッパトルコ,朝鮮等に分布する。良い夢をみだりに口外するなという戒めは古くからある。《宇治拾遺物語》には,吉備真備に夢を盗まれて出世を逃がした男の話がある。俗信にもユズリハや宝舟の絵を枕の下に入れると良い初夢を見る,また逆に悪夢を見たときには,〈夕べの夢は(ばく)にあげます〉といって天井に向かって息を3度吐くとよいという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android