コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島治康 ナカジマハルヤス

3件 の用語解説(中島治康の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なかじま‐はるやす【中島治康】

[1909~1987]プロ野球選手。長野の生まれ。昭和9年(1934)大日本東京野球倶楽部(クラブ)(巨人の前身)に入団し、同13年には日本初の三冠王。引退後は六大学野球の評論を執筆した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島治康 なかじま-はるやす

1909-1987 昭和時代の野球選手,監督。
明治42年6月28日生まれ。昭和3年夏の甲子園優勝の松本商業の投手。早大,藤倉電線をへて,9年日本初のプロ野球球団,大日本東京野球倶楽部(クラブ)(現巨人)に入団。強打の外野手としてならし,13年秋季に打率3割6分1厘,本塁打10,打点38で日本初の三冠王。実働14年,首位打者2回,本塁打王2回,打点王4回。のち巨人,大洋の監督をつとめた。38年野球殿堂入り。昭和62年4月21日死去。77歳。長野県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中島治康
なかじまはるやす
(1910―1987)

プロ野球選手(外野手:右投右打)、監督。6月28日、長野県生まれ。松本商(現、松商学園高)時代は好投手として鳴らし、1928年(昭和3)の夏の甲子園大会で優勝した。当時としては大柄な175センチメートル、75キログラムのがっしりとした体格で、早稲田(わせだ)大学では一塁手兼外野手として強打を振るった。藤倉電線(現、フジクラ)を経て1934年に全日本軍に選ばれ、アメリカ大リーグ選抜軍と対戦、その後、1936年に東京巨人(現、読売ジャイアンツ)に入団した。強肩の右翼手として守備には定評があったが、なにより相手チームに恐れられたのはその打撃力であった。1937年の春季シーズン(1937~1938年は2シーズン制)に初めてのタイトルとして本塁打王を手にすると、秋季は打点王を獲得、明けて1938年春季には首位打者にもなった。そして、秋季には史上初の三冠王となり、最高殊勲選手(現、最優秀選手)も受賞した。その後、1940年と1942年にも打点王を獲得。1943年には藤本定義(さだよし)の後任として選手兼任で監督を務めて優勝を飾り、チームは5連覇を成し遂げた。1944年に応召、1946年(昭和21)に復帰。2リーグ分立となった1950年に大洋ホエールズ(現、横浜DeNAベイスターズ)に移籍し、翌1951年にはふたたび選手兼任監督となったが、シーズン途中で交代。同年限りで現役を引退した。[出村義和]
 選手としての実働14年間の通算成績は、出場試合871、安打889、打率2割7分、本塁打57、打点493。獲得したおもなタイトルは、首位打者2回、本塁打王2回、打点王4回、三冠王1回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)1回、ベストナイン1回。監督としての通算成績(4年)は、302試合、169勝127敗6分け、勝率5割7分1厘、優勝2回(1リーグ時代)。1963年(昭和38)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中島治康の関連キーワード芥田武夫伊丹安広市岡忠男オドール松木謙治郎大下常吉清水一郎二神武三木忠章村瀬保夫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中島治康の関連情報