大井次三郎(読み)おおい じさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大井次三郎 おおい-じさぶろう

1905-1977 昭和時代の植物学者。
明治38年9月18日生まれ。母校京都帝大でスゲとイネの分類にとりくむ。昭和18年からジャワのボイテンゾルフ(現ボゴール)植物園に,21年から国立科学博物館につとめた。日本の植物の種と分布をまとめ,「日本植物誌」を完成した。昭和52年2月22日死去。71歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大井次三郎
おおいじさぶろう
(1905―1977)

植物分類学者。東京生まれ。1930年(昭和5)京都帝国大学農学部を卒業。京大講師。第二次世界大戦中はジャワ島のボイテンゾルク植物園に勤務、ジャワ島の植物調査にあたり、戦後は東京の国立科学博物館に勤務した。とくに、種子植物のなかで問題の多いカヤツリグサ科イネ科の分類を専攻して国際的にも高い評価を受けた。また維管束植物の分類の大系として『日本植物誌』(1953)、『同 シダ篇(へん)』(1957)を完成、これらは英語版も刊行され(1965)、朝日文化賞を受賞した。[佐藤七郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android