コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌサ

デジタル大辞泉の解説

ぬさ【幣】

祈願をし、または、罪・けがれを払うため神前に供える幣帛(へいはく)。紙・木綿(ゆう)などを使う。みてぐら。御幣(ごへい)。幣帛
旅の無事を祈って贈るもの。はなむけ。
「さて東に帰り下るころ、上下色々の―多かりしなかに」〈増鏡新島守

へい【幣】

神前に供える布帛(ふはく)。みてぐら。ぬさ。
貢ぎ物。礼物。
紋所の名。御幣(ごへい)を図案化したもの。

へい【幣】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヘイ(漢) [訓]ぬさ みてぐら
神前に供える布。「幣帛(へいはく)官幣御幣奉幣
贈り物。貢ぎ物。「幣物(へいもつ)
通貨。銭。「幣制貨幣紙幣造幣
[名のり]しで

まい〔まひ〕【幣】

謝礼として贈る物。また、神に供える物。まいない。
「若ければ道行き知らじ―はせむしたへの使ひ負ひて通らせ」〈・九〇五〉

み‐てぐら【幣/幣帛】

《「御手座(みてぐら)」の意という。「みてくら」とも》神に奉納する物の総称布帛(ふはく)・紙・玉・兵器・貨幣・器物獣類など。また、のちには御幣をもいう。幣束。幣帛(へいはく)。ぬさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬさ【幣】

神に捧げる供え物。また、祓はらえの料とするもの。古くは麻・木綿ゆうなどを用い、のちには織った布や紙を用いた。みてぐら。にぎて、幣帛へいはく。御幣ごへい。 「このたびは-もとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに/古今 羇旅
贈り物。特に、旅立ちのときの贈り物。 「上下いろいろの-多かりし中に/増鏡 新島守

へい【幣】

神前に供えたり祓はらえに用いたりする麻・木綿ゆう・帛はくなどの布。ぬさ。みてぐら。

まい【幣】

謝礼として贈る物。贈り物。また、神への供え物。 「玉桙たまほこの道の神たち-はせむ/万葉集 4009

みてぐら【幣】

〔「御手座みてぐら」の意という。「みてくら」とも〕
神に奉る物の総称。ぬさ。御幣。幣帛へいはく。 「皇御孫の命のうづの-を称辞たたえごとへまつらく/祝詞 祈年祭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【幣帛】より

…神にたてまつるものの総称。幣(ぬさ),〈みてぐら〉(充座の意),〈いやじり(礼代)〉ともいう。一般に神饌に対して布帛の類を幣帛ということもある。…

※「幣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

幣の関連キーワード大幣神事[宇治]等覚寺の松会都都古別神社四箇度の幣四度の官幣唐沢山神社別格官幣社護王神社官幣大社長白羽神敢国神社御上神社三社奉幣赤間神宮近江神宮幣原内閣霧島神宮協調外交坐摩神社官国幣社

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幣の関連情報