コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ヌサ

11件 の用語解説(幣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬさ【幣】

祈願をし、または、罪・けがれを払うため神前に供える幣帛(へいはく)。紙・麻・木綿(ゆう)などを使う。みてぐら。御幣(ごへい)。幣帛。
旅の無事を祈って贈るもの。はなむけ。
「さて東に帰り下るころ、上下色々の―多かりしなかに」〈増鏡・新島守〉

へい【幣】

神前に供える布帛(ふはく)。みてぐら。ぬさ。
貢ぎ物。礼物。
紋所の名。御幣(ごへい)を図案化したもの。

へい【幣】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヘイ(漢) [訓]ぬさ みてぐら
神前に供える布。「幣帛(へいはく)官幣御幣奉幣
贈り物。貢ぎ物。「幣物(へいもつ)
通貨。銭。「幣制貨幣紙幣造幣
[名のり]しで

まい〔まひ〕【幣】

謝礼として贈る物。また、神に供える物。まいない。
「若ければ道行き知らじ―はせむしたへの使ひ負ひて通らせ」〈・九〇五〉

み‐てぐら【幣/幣帛】

《「御手座(みてぐら)」の意という。「みてくら」とも》神に奉納する物の総称。布帛(ふはく)・紙・玉・兵器・貨幣・器物・獣類など。また、のちには御幣をもいう。幣束。幣帛(へいはく)。ぬさ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幣【ぬさ】

幣帛(へいはく)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぬさ【幣】

神に捧げる供え物。また、祓はらえの料とするもの。古くは麻・木綿ゆうなどを用い、のちには織った布や紙を用いた。みてぐら。にぎて、幣帛へいはく。御幣ごへい。 「このたびは-もとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに/古今 羇旅
贈り物。特に、旅立ちのときの贈り物。 「上下いろいろの-多かりし中に/増鏡 新島守

へい【幣】

神前に供えたり祓はらえに用いたりする麻・木綿ゆう・帛はくなどの布。ぬさ。みてぐら。

まい【幣】

謝礼として贈る物。贈り物。また、神への供え物。 「玉桙たまほこの道の神たち-はせむ/万葉集 4009

みてぐら【幣】

〔「御手座みてぐら」の意という。「みてくら」とも〕
神に奉る物の総称。ぬさ。御幣。幣帛へいはく。 「皇御孫の命のうづの-を称辞たたえごとへまつらく/祝詞 祈年祭

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【幣帛】より

…神にたてまつるものの総称。幣(ぬさ),〈みてぐら〉(充座の意),〈いやじり(礼代)〉ともいう。一般に神饌に対して布帛の類を幣帛ということもある。…

※「幣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幣の関連キーワード辺りを払う願人塵滓底を払う祓う髭の塵を払う鬼踊汚らひ無傷弓鳴らし

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幣の関連情報