コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業教育 のうぎょうきょういく

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうきょういく【農業教育】

一般的には農業の生産性を高めるための教育をいうが,広くは,実際の仕事を通じて先人の知恵や技術を家や共同体単位で改良しながら次の世代に伝えるという実践をも含む。しかし近代学校成立以後は学校教育の一分野を主にさしているが,ここでも広狭二義があり,広くは普通教育の社会科などで行われる農業関係の教育をいうが,ふつうは狭義にとり,職業教育の一分野をさす。以上の区分は諸外国にほぼ共通である。職業教育としての農業教育には農業,林業,養蚕,畜産,園芸などの分野があり,日本では1872年(明治5),北海道開拓を目的として東京に設置された開拓使仮学校の教育が最初とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農業教育
のうぎょうきょういく

産業教育のなかで、農業に関係する教育をいう。学校での農業教育は、狭義には高等学校の農業科の教育をさし、広義には中学校の技術・家庭科や大学における農学の教育を含む。さらに広義には、都道府県の農政機構の進める農業改良普及事業や、農村社会教育のなかでの農事学習なども含む。[三好信浩]

歴史

江戸時代の日本では、幕府や藩は年貢の増収を図るための勧農政策を進めたが、農業の学校をつくることはなかった。農業の知識や技術は、村にあっては村役人層や老農が農民に、家にあっては父が子に教えた。宮崎安貞(やすさだ)の『農業全書』(1697)をはじめとする多くの近世農書が、農業技術の開発と伝承に役だてられた。
 明治期になると、西洋をモデルにして農学校がつくられた。開拓使の札幌農学校はアメリカのマサチューセッツ農科大学から、内務省の駒場(こまば)農学校はイギリスのサイレンセスター農科大学から教師を雇い、農学教育を開始した。津田仙(せん)の学農社や府県の農事講習所など、公私立の農学校も設けられた。文部省は1883年(明治16)に農学校通則を公布し、さらに実業教育法制によって農業教育の体系化を図った。その結果、農業学校および農業補習学校の目覚ましい普及をみた。学校外の農村教育も盛況をみせ、農会による技術改善の指導や、国民高等学校の塾風教育などが行われた。[三好信浩]

現況

第二次世界大戦後、産業構造の変化に伴い、農業教育は工業や商業の教育に比べて相対的に衰微した。2000年(平成12)には、高等学校農業科から3万6329人の生徒が卒業したが、農林業の実務に従事する者はきわめて少ない。貿易自由化による国際競争が激しくなってきた現在、日本農業の将来について展望を開くとともに、農業の機械化や経営の合理化のために、農業教育の内容や方法を改善し、産業教育の調和のとれた発展を図ることなど、解決すべき課題は多い。[三好信浩]
『比嘉秀善著『農業教育は滅びない』(2000・那覇出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

農業教育の関連キーワードホームプロジェクトイワン カイロフ高知県南国市東崎岩手県盛岡市上田フェレンベルク東京教育大学矢田 鶴之助仁田 大八郎青木 誠四郎ロドリゲス島土田右馬太郎我謝 栄彦古木 弘造江南[町]矢田鶴之助石森 直人鎧潟干拓地上原 種美山崎 延吉ハートリブ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農業教育の関連情報