老農(読み)ろうのう

  • ろうのう ラウ‥
  • ろうのう〔ラウ〕

百科事典マイペディアの解説

農事に熟達し,経験・学識に富む農民。経験的に農事改良普及を行い,郷土の農民を指導,また各地を巡回した。特に明治初期その活躍は農業技術の発達に貢献し,老農系統の農学は次第に欧米の農学と結合。明治の三老農とされる船津伝次平奈良専二中村直三をはじめ,林遠里石川理紀之助中井太一郎らが著名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

農事に熟達し識見が優れた篤農のうち,とくに明治時代の全国的な指導者をいう。すでに江戸時代から,各地の手作地主や自作農のなかに,品種や農事の改良に努め,農書などをまとめた先覚者がふえていた。明治維新後は,作付品種や土地の売買,営業や交通が自由となり,農産物の市場も広がりはじめ,農民の営農意欲がもりあがってきた。1874年(明治7)前後からは先覚的な篤農が中心になって各地で種子交換会や農談会が開かれ,在来農法の改良と新しい技術の普及が広く行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治期の勧業型地主、篤農(とくのう)。明治維新後の政府による勧農政策の推進過程において、農業技術の改良や普及に大きな役割を果たすとともに、地方自治の面などでも影響力を有していた。老農の生成は幕末期の地主層のうちに見いだされる。彼らは地主であるとともに、窮乏する農村の復旧更生の精神的な指導者としての役割を果たしていた。明治三老農(船津伝次平、奈良専二、中村直三)の一人中村直三(なかむらなおぞう)は、幕末に石門心学を学び、大和国内に心学の普及を図り、同時に農事の改良普及に努めている。維新後1874年(明治7)頃から、各地で老農を中心とする種苗交換会や農談会が開かれ、経験的な農業技術の浸透に役立てられたが、近代的な農学の発展とともにその役割は低下することとなった。

[伝田 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 年老いた農夫。また、経験を積んだ農夫。
※菅家後集(903頃)傷野大夫「聞昔老農歎農廃、詩人亦歎道荒蕪」 〔論語‐子路〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android