コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国農会 ていこくのうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝国農会
ていこくのうかい

明治末期から第2次世界大戦まで続いた日本の代表的な農業団体の一つ。明治期の農業は政府による強い規制と助成のもとに発達が促進されたが,このなかで地主は産業組合や農会を設立して農政運動を展開するようになった。帝国農会はこれを反映し,1910年農会法改正によって村,郡,県の農会を全国的,系統的に組織して純然たる農政運動体として発足した。 09年に流通,信用面の系統組織として設立された産業組合中央会とともに,43年戦時統制のために農業団体法によって両者が合併されるまで農政の支柱となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ていこく‐のうかい〔‐ノウクワイ〕【帝国農会】

旧制度下で、道府県農会をもって組織した農業指導の中央機関。明治43年(1910)設立。下級農会の指導、政府の諮問に対する答申などを行った。昭和22年(1947)解散。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ていこくのうかい【帝国農会】

農政問題の解決や農業指導を全国的規模で行う系統農会の頂点にあった中央機関。府県農会,郡農会,市町村農会は農会法(1899),農会令(1900)に基づいて組織されていたが,系統農会が官庁の統制を離れて独自の動きを始めることに対する警戒もあって,農会の中央機関の設立は認められなかった。しかし全国農事会などの運動が効を奏し,1910年農会法が改正され,同年,道府県の農会を会員として帝国農会が法人として設立された(会長,子爵加納久宜)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ていこくのうかい【帝国農会】

府県・郡・市町村の系統農会の中央機関。1910年(明治43)設立。下級農会の指導、農業上の調査などにあたった。43年(昭和18)中央農業会に改組、47年農業協同組合法の制定により廃止。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝国農会
ていこくのうかい

1910年(明治43)の農会法の改正によって設置された、市町村―郡―府県に張り巡らされた系統農会の中央機関。その前身は、前田正名(まさな)の地方産業振興運動の過程で、1894年(明治27)に生まれた全国産業12団体の一つ、全国農事会である。それは、政府の方針とは別に自主的農事改良運動を行ったため、政府から敬遠された。その後、補助金交付などにより政府の諮問機関化が進み、系統農会の中央組織として認められることとなった。以後1943年(昭和18)に中央農業会に再編されるまで、地主層の支配する系統農会を通じ、農事改良、農政促進の役割を果たした。[祖田 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例