大木町(読み)おおき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大木〔町〕
おおき

福岡県南西部,筑紫平野の南部にある町。 1955年大溝 (おおみぞ) ,木佐木 (きさき) ,大莞 (おおい) の3村が合体して町制。筑後川下流域の低湿地にあって,クリークが縦横に走る水田地帯。イグサの栽培が盛んで,花むしろ産出久留米絣は特産。西日本鉄道大牟田線が通る。面積 18.44km2。人口 1万4176(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大木町の関連情報